紫外線の影響で雨漏りしやすい屋上やベランダは防水加工を施そう

作業員
  1. ホーム
  2. 大雨や台風に気をつける

大雨や台風に気をつける

雨漏り

放置しないようにする

一戸建ての場合は、大雨が降ると雨漏りをしてしまう場合があります。雨漏りを事前に防ぐためには、雨漏りに関する正しい情報を得ることが大切です。情報を得たうえで対策することによって、梅雨の季節や台風の際にも防水できる可能性が高くなります。雨漏りをする場所として有名なのが屋根です。屋根に雨水が浸み込んでしまい、吸収できなくなった分が漏れてしまいます。屋根を雨漏り対策せずに放置していると、家の一部分に浸み込んで腐ってしまう可能性もあります。対策方法として、屋根の防水塗装があります。屋根の塗装は色が落ちてきた際などに行われます。屋根に塗装をすると防水効果もあるというメリットがあります。その他にも、防腐効果もあります。

余裕を持つことが大切

対策する前に雨漏りをしてしまった場合は、応急処置が必要となります。応急処置の場合は自分で行うこともあります。雨漏りの応急処置として有名なのが、屋根にブルーシートを被せる方法です。ブルーシートだけであると、防水性が弱いですが一時的な効果はあります。ブルーシートなら自分で簡単に用意できるといったメリットもあります。自力で屋根にブルーシートを被せたり、屋根を修理する場合は知識も必要となります。気をつけなければならないことは、屋根から落下しないようにすることです。自力で対策や応急処置が難しい場合は、プロの業者に依頼します。梅雨や台風の時期は依頼が多くなる傾向があるため、余裕をもって依頼する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加