紫外線の影響で雨漏りしやすい屋上やベランダは防水加工を施そう

作業員
  1. ホーム
  2. 早めに専門業者に

早めに専門業者に

一軒家

スムーズな上に保証も

雨漏りは、多くの場合は屋根材や棟板金の破損、歪みが原因となっています。これらの隙間から雨水が侵入し、それが屋内に垂れてくるのです。したがって雨漏り修理では、屋根材や棟板金の補修や交換が必要となります。高所作業となる上、破損箇所を見つけることは簡単ではないため、雨漏り修理は屋根屋などの専門業者に任されることがほとんどです。専門業者なら、高所でも安全性の高い方法で、破損箇所をスムーズに見つけて直すことができるのです。また、雨漏りが解消されたかどうかは、次に雨が降るまでは分かりません。そのため専門業者による雨漏り修理では、多くの場合保証期間が設けられています。再び雨漏りが発生した場合には、保証期間内なら再度雨漏り修理をしてもらうことができるのです。

二次被害を防ぐため

雨漏りが発生した場合には、早急に雨漏り修理を始める必要があります。なぜなら放置する期間が長くなるほど、二次被害が発生する可能性が高くなるからです。雨漏りの二次被害には、天井や壁のカビ、これらに張ってあるクロスのシミなどがあります。設置してあった家具や調度品などが雨水で濡れて、機能や価値が失われてしまうケースもあります。さらには雨水による湿気で、シロアリが侵入してくることもあるのです。こういった二次被害が発生すると、雨漏り修理だけでなく、屋内でのリフォームや家具の買い替えなどが必要となってきます。しかし早い段階で雨漏り修理をおこなっておけば、二次被害は食い止められますし、発生したとしても、部分修繕で済むことが多いのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加