紫外線の影響で雨漏りしやすいベランダは防水加工を施そう

男の人
住宅

専門業者に依頼しましょう

コンクリート屋上は定期的な防水工事が必要です。メンテナンスは10年に1回程度が目安となっています。防水工事には様々な方法がありますが、いずれもリーズナブルに施工することが可能なので手軽に利用することができます。

一軒家

早めに専門業者に

雨漏りを放置しておくと、カビやシミ、シロアリなどによる二次被害が発生しやすくなります。そのため雨漏り修理は、早めに始めることが大事です。雨漏り修理は、多くの場合は専門業者に任されます。高所でもスムーズに作業がおこなわれる上、再度の雨漏りに備えた保証期間が設けられていることが多いためです。

雨漏り

大雨や台風に気をつける

雨漏りは放置しておくとひどくなってしまい、家の柱などが腐ってしまう可能性もあります。できるだけ事前にプロの業者に点検をしてもらい、対策をすることが大切です。雨漏りは屋根からすることが多いため、屋根の点検をしっかりしましょう。

防水対策で家を守る

ベランダ

雨漏りの原因と対策

雨漏りが発生する場所として多いのが、屋根からの水の侵入である。それらに次いで雨漏りの原因となり易い場所が、ベランダである。ベランダでは、雨が貯まる可能性が高く、雨水がたまってしまうことで室内に水が浸入する可能性が有る。特に築年数が経っており、経年劣化している状態では雨水が貯まることで、隙間などから宅内に雨が入り込む可能性が有る。また、ベランダでは水が溜まらないように排水溝が設置してあることが通常である。排水溝は、普通の状態であればそこから水を外に排出するが、つまりなどがあると水が排水されず、ベランダに溜まってしまうということがある。これらのベランダからの雨漏りを防ぐための方法としてあるのが、防水対策であり広く利用されている。

対応方法

ベランダの防水加工については、表面への加工と内部の層への加工がある。表面へのトップ加工については、表面部分をコーティングするのみで済むため、短時間で工事ができ費用も安く済む。しかし、内部の層への防水対策の場合、下地から工事する必要があり工事の時間がかかり費用もその分高額になることが通常である。ベランダへの防水工事を行う場合には、表面へのコーティングで済むのか内部の層への対策が必要になるか業者に十分見てもらった上での対策が必要になる。また、対策する場合には劣化し辛い加工方法を選ぶこともポイントになる。ベランダは雨風や紫外線などを受け続けるため劣化しやすい。その為、長期間良い状態を保てる加工を施してもらう方が良い。

このエントリーをはてなブックマークに追加